FC2ブログ

Paris to Tokyo

pariin.jpg


18時の飛行機なのでゆっくりしてから行くことに。
でも観光もう特にせず。
今日もパン食べたい、本当に本当にやっぱりパリはパン美味しすぎ!!!!
黒いナッツとか入ったパン、大きくて2ユーロ・・・・並んでるパン屋さんに入ったらやっぱり正解。
美味しすぎて。パリに住むのもいいかもと思う、毎日食べれるのなら!

フルーツも買いにいく。
英語通じず、ダメもとでスペイン語は?と聞くとOK!!!
なんと、モロッコ人でいろんな国に住んでて今はパリで落ち着いたらしい。
イスラエルにアルゼンチン人のコミュニティあって素敵な国だよとゆってた。
そう、イスラエル行きたいんだよなー。

あっとゆうまに時間。なんと泊めてくれた女の子の友達がバスのある駅まで送ってくれることに。
スーツケースずっと運んでくれて、パリの男の人も優しいな。

物はいらないなどといいつつ、可愛いもの見るとついつい。
でも必要なもののみ、メイク落しと冬服だけ買う。

パリ、全然楽しみにしてなかったから時間もないし、お天気悪いままだったな。
またアルゼンチンに行くとき通るので、そのときにまた。
スポンサーサイト



.06 2011 Morroco comment0 trackback0

Paris

pparri.jpg


パリに着く。モロッコから2時間半くらいかな、あっとゆうま。
グレーの曇り空・・・ヨーロッパの冬って感じ。
雨まで降ってきた。
バスを待ってる間に、半年かな、とっても久しぶりのソイラテ、スターバックスにて。
高いな、4.5ユーロ・・・昨日までパン、10円とかで買えてたからなあ。

バスに乗って、市内へ。
泊めてもらうところは日本人の女の子の家だったので向かうけど、これまた迷った。
駅から3分のところなのに1時間近く、小雨の中何人の人に聞きまわったかな。
でも、優しい人多くて助かる。

今日はごはん食べて寝ることに、すっごく疲れていたのだ。
飛行機で1時間しか寝れなかった、めずらしく。
.05 2011 Morroco comment0 trackback0

Marakesh

marake.jpg


バスターミナルに着いて、まだ暗かったのでこのままフナ広場に向かってもホテル探し難しいかな。
1時間ほど待って、明るくなってきてからタクシーへ。

さて、着いた。
降りたところにパン売りの人が!あたたかいので衝動的に買ってしまうが小さいのに2DH、物価高い。

マラケシュも2度目、だいたいホテルのいっぱいあるところ覚えていた。
で、早速道案内人がきて、断るが案内しだす。

何件か回るけど少し高いかな、諦めかけるとネット使えて安くてきれいなとこに辿り着く。
ありがとう!!

まだルームクリーニング終わってないのでシャワー先に。

そして、ホテルの人は優しくてこっちでゆっくりできるよ、ゆっくりできるソファのあるところ教えてくれたり、お茶だしてくれたり。

落ち着いたので、外へ。

もう太陽がでていて雨も止んだ、晴れ女パワー発揮。

マラケシュのエネルギーはやっぱりすごいな。

昼間でまだ落ち着いてるほうだけど、それでも活気がある。
大好きなデーツも高いなー試食させてくれて、でも買わないと怒る、さようなら。

メディナの中へ。

もう何も買わないと決めていたのに・・・・モロッコ安くて可愛いもの多すぎ!

パンツが欲しくて探す。
ここの人たち観光客慣れしてるからね、かなり強気。

あまりに値切ると、グッバイそんな安いものはないと追い払われたりもした。
OK、わたしは次のお店に。

何件か見て、やっと色とサイズピッタリ!
50DHまで交渉して買えた!!

そのあとも去年、買えずに心残りだったスパンコールいっぱいの小さい小物入れのかごも買う!

なんだかんだ最後は買い物楽しんだな。

さて明日はパリ。



.03 2011 Morroco comment0 trackback0

Chauen to Fez

fezzz.jpg


朝、またパンを買いに。

今日は早すぎて昨日のおじさんはいない。
キヨスクみたいなところのパン、おいしくなそう。

ぐるぐる歩き回る、そんなことしてたら山の景色を見せてくれたおじさん、洋服買ったおみせのおじさんにそれそれ出会った。

たんなる偶然なようで、でも実はすごい確率のような?
別に会いたいと思わなかったけどさよならができた。お世話になったひとたち。

そしたら!初日のリヤカーのおじさんが!!

またあたたかいパンを積んで!!!!
2つ買って笑顔でお礼を言い合う、素敵な笑顔だこと。
美味しいパン食べれて幸せに。

さて、バスに向かおうとチェックアウトしていたら、後ろの男の人がバスターミナル?
TAXIシェアしない?とOK。

オーストラリア人で1年かけて旅してる人だった。
結局、彼の携帯のナビで歩いて迷うわずわたしはラッキーだった。

10時のバスがあって5分前に着いて、席がまだあった、すごい。
いきあたりばったりなので。

さて、FEZ!!
去年も来たので、少しみて夜行バスでマラケシュへ行きたいなと思っていたのだけど、荷物どうするか。

早速きた客引きに荷物預けられるかきくとないらしい。

うーん、でも友達のカフェに頼んであげる!と目の前だった。
でも、お店の片隅にスーツケース放置状態。

さすがにわたしも大丈夫???と思って、でも大丈夫!!という。
もう、いいか。大事なパスポートとパソコンは自分で持っていたのでどうにかなるね。

早速、メディナへ。

もう買いたいものもないのでブラブラしに。

でも、やっぱり人がすごいんだよな・・・・うざい。
ここもスペイン語通じて良かった。でも、うざい。

座って大好きな豆をたべながら、ぼーっとみんなを観察。
みんなお金お金って感じだけど何が欲しいのかな、何が幸せかな、とか。
うーん、ひとそれぞれね、きっと。

ふらふらしてミントティーいただいたり、フルーツなど買いこんでさてバスに戻ろう。
わたしのスーツケース無事だろうか?

雨が降り出していて、タクシーから見える光がキラキラ。

バスターミナルに着いてカフェへ駆け込む!
あった、無事に。

で、客引きのひともいて友達いっぱいとお茶飲んでてバスの時間まで座ることに。

砂漠ツアーしてる人でこの友達と音楽のグループもやっているって。
わたしが大好きなボンボ、ジャンベ、など太鼓たちの音だって~いいなあ!
踊りが好きと話すと盛り上がって。

今日の夜は踊って明日のバスに変えなよ!!となるが、踊りたくてしょうがなかったけど・・・
イマイチ信じきれず危険な感じが。

なので、次回、砂漠とみんなの音で踊ること約束。できたらね。

テンションあがってきて本当行きたかったけど、自分のセンサーを信じて間違いなし。

夜行バス・・・モロッコ初めて。
寝れなかった!!!途中で降りる人いっぱいだし、トイレ休憩もあるしで寝てもすぐ起こされる。

しかもアラビックミュージック流れっぱなし。わたしはいいけど、寝にくいね。

そんなんで40分遅れで到着・・・6時40分。まだ真っ暗なのでした。





.02 2011 Morroco comment0 trackback0

Chauen Day3

mokoiuy.jpg

ぐっすり眠れた。
でも、夜中は寒い。

朝のお散歩とパンを買いに!

かわいいおじいちゃんがいて今日はそこで買う。
種類がいくつかあって、全粒紛らしき黒っぽいパンもあってそれにする。

ホテルに帰って食べたらおいしすぎ。
近いのですぐに買いに戻る。
おじいちゃんも喜んでた。

さて、移動がめんどい・・・・
マラケシュまで飛行機のため戻らないといけないのだけど。

なんかやる気がないなあ。

ホテル変えようか、バスでFEZまで行くか迷うけど、ホテルに出るっていったら10DH下げてくれると。
まあいいか、もう1泊することに。

でも、人のうざさに少し疲れて今日は、川に行くことに。

昨日買った、豆やのおじさんのところでまた豆を買う。

笑わないおじさんで怖かったのに、覚えててくれて、豆も多めにいれてくれておまけに他の豆やナッツもくれて!お互い、言葉が通じないから会話できないけど、ありがとうだけはアラビックで伝える。

その気持ちが嬉しかった。

歩いてすぐのところにきれいな川があって小さいけど。

のんびり、人も少なくて水の音だけがゴーゴー。

座ってのんびり豆と持ってきたお茶。
水が好きだな、と思う。水の近くに住みたいな、また。海かきれいな川。

なんだかんだ今日は買い物もいっぱいした。

洋服は他の国で買えそうにないものは欲しくて!

可愛いトップス、珍しく薄いオレンジ色。
100DHで下げてくれず、そのまま購入。

パーカー型のセーターは旅行者みんな着てるんだけど、形かわいんだけどシマシマとかでイマイチ・・・
でも女の子っぽい色をみつけて欲しくなる。

300DH・・・高い、無理、と言い続けて値段交渉。

そして200DHでいいよ!あなた学生だからね!!

と下げてくれた。
そう、日本人幼く見えるので学生に見られる。

値段交渉したいとき、自分でも使う(笑)学生だからお金ないんだよーって。
でも今回はひとこともいってないのに。

そして帽子!あたたかくて好きな形。

これもなぜかオレンジをチョイス・・・オレンジ色を選ぶこと今までなかったんだけど。
日本円で300円くらい、本当に安い!モロッコ!だから好き。

そしてハマムに行って、きれいに!
あんまり温かくなかったな、ここは。

さて、明日はFEZに向かおうと今は思っています。








.01 2011 Morroco comment0 trackback0
 HOME