FC2ブログ

Chauen Day2

moropoo1.jpg


朝起きて、外へ。

まだメディナはお店が開いていなくて昨日の夜とは別世界。

本当にこの街は、青い。
建物がほとんど青と白なのだ。

昨日は着いたのが夜で何も見えなかったのだ。びっくり、すごくキレイで。

パンがモロッコも美味しいので食べたくて探す。

女の人たちが集まってるパン屋さん、おいしそう。
買ってみると、うーん、そんなに美味しくなかった。

そのあとに、リヤカーにパン積んでるおじさんが通りかかって、ああ!!
といったら振り返ってくれて、あたたかい?ときいたらうんって、買う。

パン、10円くらいなのだもの、安すぎ、美味しいのに。

さて、朝から余裕で迷子に。

お店があいてないから余計に。
全部、青で扉も青で、目印なんてないから。

人に聞いてなんとか戻る。

もう1泊同じホテルにすることに。

移動がめんどいし、全て揃ってるのでいいかなと。

しかし、モロッコだな、客引きがうざい。

でも確かに他の都市に比べたらみんなしつこくない。
NOといえばだいたい去っていく。

洋服も可愛いものいっぱいあって、おじさん本当やる気なし。
自由に4階まであるから見ていいよ、と放置。

すっごくゆっくり選べた。
でも、予想外に高くて買わず。

やる気がないのか、言い値で買わなかったらじゃあいいよと・・・・
わたしもじゃあ、いいや、と。

他のお店でストール小さいの買って、おじさんがきれいな山を見せてくれると。
すぐってゆうので、まあいいかと行くとこれまた、半分本気な山登り・・・・・

すっごく疲れて、しかも冬なのに今日、すっごく快晴!暑い。

もう帰りたい、と言おうとしたら、ここはすごく静かだよ・・・と。
本当に静かな、木がいっぱいの空間。

特に話もいっぱいせず、ただ景色を見せてくれたのかな。

そのあとも下って、しつこくも何か買わせようとかせず、また来たかったらおいで。
自由だよ!と。

うん、ここの土地の人は結構みんな、のんびりかも。

でもそれでも、めんどうな人はいて、疲れた。
なんだか、モロッコ疲れる。

物を買うのにいちいち値段交渉しないといけないこととか、お金に執着がすごい。

うーん、アルゼンチンみんながメールくれて恋しいよ。

今はすごくひとりに感じる、周りがうるさければうるさいだけ孤独を感じる。
スポンサーサイト



.30 2011 Morroco comment0 trackback0
 HOME